グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



  1. ホーム
  2.  >  ニュース
  3.  >  総合デザイン学科の氏原さんがテクノアイデアコンテストで健闘賞受賞

総合デザイン学科の氏原さんがテクノアイデアコンテストで健闘賞受賞


総合デザイン学科3年の氏原陸大さんが、公益財団法人京都技術科学センターおよび京都大学産官学連携本部共催によるテクノアイデアコンテスト「テクノ愛2021」大学の部において、健闘賞を受賞しました。

同コンテストは、将来の産業・科学技術の発展を担うベンチャー精神に富んだ起業家や柔軟でユニークな発想を持つ研究者を育成するため、科学技術やものづくりへの関心を高める取り組みの一環として、高校生や大学生などを対象に、技術に関する斬新で独創的なアイデアを募集し審査を行うものです。

受賞テーマ:「ブロックチェーン技術による傘忘れ問題の解決」

本作品は、傘の置き忘れ・傘の廃棄問題の解決を目的としたUX/UIデザインで、最新技術でもあるブロックチェーンを使用し、販売する傘ごとに個人情報をつけて、アプリでシェアするというのが基本コンセプトとなっています。
自分がどこかへ置き忘れた傘を他者に購入してもらうことで特典がもらえたり、他者が置き忘れた傘を自分が購入して使用することで、廃棄問題を解決できたりします。個人間のやり取りで溜まったマネーなどを実際の買い物に使用することも可能なサービスデザインです。

氏原さんのコメント:
これは2年次の後学期に作成した作品です。UX/UIデザインに取り組むのは初めてのことでしたが、このような賞をいただけてとても嬉しく思います。これから多くの技術の発達が予測され、その発達が実現された時、ヒトにどのような影響を与えるのか、どういった社会が素敵なのかをイメージして作成しました。ロゴやアプリの画面にもこだわった作品で、この受賞をきっかけにほかの作品にも生かしていけたらと思っています。

テクノ愛2021
page top