グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



  1. ホーム
  2.  >  ニュース
  3.  >  駅伝競走部の青木選手が日本選手権に出場決定

駅伝競走部の青木選手が日本選手権に出場決定


2022年6月11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開催される「第106回日本陸上競技選手権大会」男子3000m障害物に、本学駅伝競走部の青木颯選手(人間環境学科3年)の出場が決定しました。

青木選手は5月22日に東京・国立競技場で開催された「第101回関東学生陸上競技対校選手権大会」男子2部3000m障害物で2位に入り、記録でも日本選手権大会の参加標準記録を突破しました。
その結果、同種目18枠の日本選手権大会への出場権も獲得しました。

青木選手が出場する3000m障害物は、高さ91.4cmの障害物を28回、水濠を7回越えながら記録を競う種目です。

青木選手は、身長172㎝のきゃしゃな体格ながらも、レースでは長いストライドを生かしたダイナミックな走りが特徴です。


青木選手のコメント:
日本一を決める大会に出場できることに対して喜びの気持ちがある反面、不安もあります。世界と戦うような格上の選手ばかりが出場しますが、臆することなく積極的なレースをしていきたいと思います。
チャレンジ精神で頑張りますので、応援よろしくお願いします。

第106回日本陸上競技選手権大会 男子3000m障害物 決勝 
競技日程 6月11日(土曜日)17時42分~ 
放送日程 6月11日(土曜日)
NHK 総合:16時00分~18時00分
page top