グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



  1. ホーム
  2.  >  ニュース
  3.  >  宮田佳美助教が日本デザイン学会でグッドプレゼンテーション賞を受賞

宮田佳美助教が日本デザイン学会でグッドプレゼンテーション賞を受賞


2022年6月24日~26日にオンラインで開催された日本デザイン学会 第69回春期研究発表大会において、今年度より本学に着任された、総合デザイン学科 宮田佳美助教がグッドプレゼンテーション賞を受賞しました。


■受賞テーマおよび概要
4B-05「地域活性化に寄与する炭焼き小屋再生と森林保全」

日本は、古くより木を多様に活用した生活が営まれ、森林を中心とした「里山文化」が形成されてきました。しかし現代では、林業従事者数の減少に伴い、日本の森林管理は多面的な問題を抱え、その危機的状況は年々深刻化しています。
2015年度より、千葉市若葉区の「いずみ地区地域活性化プロジェクト」に携わり、その一環として2021年から取り組んでいる「炭焼き小屋再生プロジェクト」について研究発表を行いました。地域における炭焼きがもたらす、適切な森林管理につながる地域コミュニティの形成や地域活性化、今後の炭焼き小屋利活用の方策の方向性などについて研究しています。


■関連リンク
第69回春期研究発表大会グッドプレゼンテーション賞報告
宮田佳美助教/湘南工科大学 教員紹介ページ
page top