グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



  1. ホーム
  2.  >  ニュース
  3.  >  大学院生の永関さんが国際会議GCCEの研究デモ発表でBronze Prize受賞

大学院生の永関さんが国際会議GCCEの研究デモ発表でBronze Prize受賞


2022年10月18日~21日に大阪府豊中市で開催された国際会議IEEE 11th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2022) の「Demo! Award」で、大学院工学研究科 機械工学専攻 博士前期課程1年の永関 大士さんが「Bronze Prize」を受賞しました。
GCCE は、米国に本部を持つ電気・電子技術に関する学会 IEEE Con​​sumer Technology Societyが主催する「家電」に関する国際会議です。


【受賞者】永関 大士さん
【所属・学年】大学院工学研究科 機械工学専攻 博士前期課程1年
【指導教員】加藤 和弥 教授
【受賞機関】IEEE GCCE 2022
【受賞名】「Demo! Award」Bronze Prize

【受賞研究題目】Development of Highly Functional Adaptors for Sports Prostheses

【研究目的・内容】
本研究の目的は、パラスポーツで使用するスポーツ義足用高機能アダプターの開発です。アダプターとは義足の膝関節の役割を果たす膝継手と下肢をつなぐ円筒部品です。開発した小型センサユニットをアダプターに取り付け、走行中の義足にかかる地面反力、足の振り角、足の振り速度をワイヤレスで計測することができます。センサユニットをアダプターの中に収める必要があるため、センサユニットの小型化に苦労しました。今回の学会発表では、小型センサユニットの開発と計測結果について発表しました。

【今後の展望・コメント】
今後は、より高い精度の計測の実現と、計測データを解析する専用ソフトウェアの開発を進めます。将来的には、開発した装置の計測データを専用ソフトウェアで分析し、パラスポーツの競技指導や義肢装具の開発に活用します。これにより、不自由な部分に義足などの補装具をしてスポーツをしたいと思っていても、事故やケガへの恐怖心から踏み出せない人への手助けができるのではないかと考えています。

page top