グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



  1. ホーム
  2.  >  ニュース
  3.  >  機械工学科の小島教授がICEMSIT 2022で最優秀講演賞を受賞

機械工学科の小島教授がICEMSIT 2022で最優秀講演賞を受賞


2022年11月3日~4日に、バリ島(インドネシア)で開催されたInternational Conference on Engineering Management and Sustainable Innovative Technology (ICEMSIT 2022) において、工学部 機械工学科の小島一恭教授がBest Presentation Award(最優秀講演賞)を受賞しました。


【研究題目】
Optimal Speed and Accuracy of Computational Fluid Dynamics for AC-Guide

【研究内容】
本研究は、小島教授が所属する研究チームが提案する新しい考え方の空調ガイドシステム(室内の空調環境の最適化を機器が自動で指示するシステム)の中で使用される数値流体解析の計算精度と速度について検討したものです。本学の工学部 機械工学科 佐藤博之教授および大学院工学研究科 機械工学専攻 博士前期課程1年の趙一涵さんとの共同研究になります。


ICEMSIT 2022 
page top