グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学生生活 > シラバス・授業時間

シラバス・授業時間


シラバス(講義要綱)や授業体制などをご案内します。

シラバス検索システム

  • シラバスには、講義の概要や授業計画、成績評価方法、履修条件、教科書・参考書、質問連絡先等が記載されています。履修計画を立てるときには、必ず内容を確認しましょう。

  • IDとパスワードを使用せずに誰もが閲覧できるシラバス検索システムです。ナンバリングリストも掲載されています。

シラバス検索システム

授業時間

授業は、年度ごとに決められた授業時間割表に従って行われます。
1時限(コマ)は90分です。
授業時間
(1コマあたり90分)
1時限 9時00分~10時30分
2時限 10時40分~12時10分
3時限 13時00分~14時30分
4時限 14時40分~16時10分
5時限 16時20分~17時50分

授業について

開講期について

授業はおおむね前学期が4月から8月上旬、後学期が9月下旬から翌年2月上旬までの期間に行われます。それぞれ授業ガイダンスや試験などを含め16回の授業が行われます。

詳しい授業日程は「学年暦」を参照してください。

以下の開講区分としては、以下の区分があります。
  • 前学期科目…前学期に行われる授業です。
  • 後学期科目…後学期に行われる授業です。
  • 不定期科目(集中講義)…休業期間や土曜日を利用して行われる授業です。
  • 特別履修科目…フィールドワーク分野の単位認定科目など、時期を特定せずに行われる授業です。


授業形態について

授業には以下の形式があります。
  1. 講義・演習
    主に座学を中心とした授業です。

  2. 実技・実験・実習
    実験や実習、実技形式の授業です。大体の授業が2コマにわたり連続して行われます。

出席について

履修する授業科目には、常に出席しなければなりません。学則で定められているとおり、履修登録された科目を一定回数以上欠席すると、その授業科目の成績評価を受けることができません。

授業を欠席した場合は、自分から翌週の授業で担当教員に報告および確認を行ってください。教務課からの連絡は行いません。

提出物の提出期限の厳守について

講義、演習、実験、製図等は、レポートや作品の提出が求められます。
これらは、提出期限が定められ、期限を過ぎると提出物は一切受け付けられません。授業中に期限を確認し、締切日、時間を厳守し、指定された場所へ提出してください。

休講・補講等の大学からの連絡についてのご案内です。


放送大学との単位互換制度についてのご案内です。



ページの先頭へ戻る