グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 中期計画

中期計画


湘南工科大学では、現代社会のニーズに合った実学教育を展開していくために、教職員のFD研修、アクティブラーニングを取り入れた最先端の工学教育の導入など、さまざまな教育改革を2013年から進めてきました。これらの教育改革をさらに推し進め、教育の質をより向上させるとともに、社会とのつながりをより大切にしたこれからの本学のあり方を探るべく、大学全体を俯瞰した中長期的な視点から、「湘南工科大学 第1次中期計画 2020-2024」を2019年度に策定しました。

第1次中期計画(2020年~2024年)

中期目標

-湘南から未来へ- 湘南で工学を学ぶ、湘南の課題を工学で解決する

中期計画:基本戦略2024

専門知識・技術とコミュニケーション力などの社会人基礎力を併せ持つ人材を輩出して、「教育に強い」工科系大学としての地位を確立することに注力する。また、「湘南地域の中心にある」大学として、その存在意義を自ら明確にし、地域への貢献を命題として教育・研究に取り組む。

中期計画の6つの柱


教育

 ◎主体的な専門知識・技術の探求と社会人基礎力の修得を両立した本学オリジナルのアクティブラーニングの推進
  1. 教育改革のさらなる推進
    SITスタイルのアクティブラーニングの確立とそのための学修環境の充実

  2. 学科横断型学修プログラム教育のさらなる発展
    旧来の垣根を越えて最先端の技術分野を深く学びたい学生を対象とした教育プログラムの推進

  3. 工学の学びの新しいスタイルへの挑戦
    プロジェクト型授業を通して自ら学ぶ必要性から関心の輪を広げ、課題解決に必要な知識・技術の修得- 「教員が教える授業」から「教員が支援する授業」への転換

  4. 「キャリア教育」の充実・深化
    初年次から、卒業後のキャリアプランを考えるために必要な能力修得を意識した授業づくりと、その効果による学修モチベーションの向上

  5. 大学院教育の充実
    ディプロマポリシーに基づく深い専門性と研究開発能力を有する高度技術者の育成

  6. IRによる教育の質保証
    授業評価アンケート等に基づく教育内容の継続的改善と外部評価テストを併用した学生の到達度評価

学生支援

 ◎少人数できめ細やかな対応と本学ならではのサポートを通じた学生の意欲の促進
  1. CC制度による学生一人ひとりと向き合った指導の継続的発展
    コミュニケーションサークル(CC)制度を通じて、大学生活にスムーズに溶け込むための支援・指導の充実、並びに教員・学生間の信頼関係の構築

  2. 卒業時進路決定率100%を目指したキャリア支援
    学生のニーズ、社会のニーズを反映したキャリアデザインプログラムと就職支援体制の継続的見直し

  3. 修学支援センター(ガクラボ)、スタディサポートルームの充実
    授業内容の事前準備と疑問解決の場として、専門スタッフや先輩学生が学びを支援する体制の強化

  4. SITチャレンジ制度を有効に活用した課外活動の積極的支援
    学内外のコンテスト等で大学での学びを生かして活躍する学生の成長を支援

地域連携・地域貢献

 ◎本学が湘南にある意義を再認識し、地域に貢献するための施策の立案・実施
  1. 湘南地域の地方自治体、産業界との連携強化
    産官学連携による地域の発展・活性化への貢献(湘南発の特色ある研究の推進・ブランド創出)

  2. 湘南地域の高度人材の活用による教育・研究の深化
    実務経験豊富な外部高度人材の登用による地域に根ざした教育・研究の推進

  3. 湘南地域の中学校「技術科」教員、高等学校「工業科」教員の安定供給とリカレント教育の準備・推進
    湘南地域の教育現場で活躍する教員を対象に最先端の工学を学び直す場の提供

  4. アカデミックパス(社会人聴講制度)の継続
    地域住民が日常的に本学の教育を受けることができる生涯学習環境の提供

高大連携

 ◎本学附属高等学校と湘南地域の高等学校との連携強化による高大一貫工学教育の確立
  1. 附属高等学校技術コースとの連携強化による高大一貫7年間教育のさらなる充実
    エンジニア志向の生徒をスペシャリストとして育成する本学オリジナルの工学7年間教育の確立

  2. 湘南地域の高等学校との連携強化
    本学が得意とする工学的視点を生かした、高等学校教員との協働による探求型授業プランの作成・実施・支援

研究

 ◎最先端研究推進のための環境整備と地域貢献につなげる研究の強化
  1. 湘南地域の地方自治体・産業界との連携を通じた、地域に貢献する研究の実施
    工学を通じて湘南地域に存在する様々な課題を解決するための研究推進

  2. 大学院の充実による研究体制の強化
    学部4年間にとどまらない長期的な専門教育による研究活動の活性化

  3. 研究予算の選択と集中、科学研究費等の外部研究資金の獲得支援
    特色ある研究活動の推進および研究センターを中心とした学内協働による研究の強化

戦略的広報と学生募集

 ◎湘南地域に根ざした工科系大学として、また教育改革を重ねてきた大学として、ユニークなブランドづくりとそれを生かした学生募集の強化
  1. ブランドイメージ創出のための戦略的広報
    本学の魅力・特色を盛り込んだ新しいブランドイメージを浸透・確立させる広報戦略

  2. 18歳人口減少に左右されない学生募集活動
    本学のブランドにマッチした志願者の獲得および地域密着による学生募集の強化

  3. 大学情報室の機能充実とIRに基づく学生募集戦略の強化
    志願者データ等に基づく動向分析と入試制度の継続的見直し

ページの先頭へ戻る