グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > コンピュータ応用学科 > 湯浅 将英 准教授

湯浅 将英 准教授


[研究テーマ]
擬人化キャラクタやロボットとの会話システムの開発と応用

[主な担当科目]
サーバ技術、インタラクション実践、コンテンツ制作(映像)

[取得学位]
博士(工学)

専門・研究分野

ヒューマンインタフェース、人工知能

研究テーマ

擬人化キャラクタやロボットとの会話システムの開発と応用
人と楽しく会話できる擬人化キャラクタやロボットの研究に取り組んでいます。研究結果をもとに人同士のコミュニケーションを豊かにする擬人化キャラクタや人の生活を手助けする福祉ロボットを作成し、社会に役立てることを目指します。

研究キーワード

擬人化エージェント、ヒューマン・エージェント・インタラクション、非言語コミュニケーション、認知心理

SDGsとの関連


主な研究業績

  1. Masahide Yuasa, Do you forgive past mistakes of animated agents? A study of instances of assistance by animated agents, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, (to appear)
  2. Masahide Yuasa, The inference of friendly communicative atmosphere created by geometric shapes, i-Perception, (2017 Nov-Dec; 8(6))
  3. 湯浅将英, 渡辺奈津美, 豊村暁, 仮想キャラクタを用いた発話交替場面の設計とfMRI計測,電気学会論文誌C,Vol.137, No.5, pp. 724-734, (2017)
  4. 湯浅将英,田村俊貴,片上大輔,大村英史,小林一樹,田中貴紘,ネット上の賛否表示へのピクトグラフ利用に向けた基礎検討,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.18, No.3, pp.235-248, (2016)
  5. 湯浅将英, 佐藤綾, 協力態度を示すエージェントを用いたシステム継続利用 - 協力の原理によるエージェントデザイン指針 - 電子情報通信学会論文誌, Vol.J97-A, No.6, pp.396-405 (2014)
  6. 湯浅将英, 田中一樹, 土肥紳一, 大山実, 授業アンケートの自由記述からの評価情報抽出, 日本工学教育協会論文誌,2012.11 (2012)
  7. 湯浅将英, 武川直樹, ユーザ行動を誘導するための擬人化エージェントの対人印象操作・非言語行動表出モデル, 電子情報通信学会, Vol. J94-D, No.1, Jan (2011)

主な所属学会

電子情報通信学会、人工知能学会、ヒューマンインターフェース学会、日本顔学会

趣味

映画鑑賞、マラソン

ページの先頭へ戻る