グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 重要なお知らせ > 新型コロナウイルス感染症に関連する対応について

新型コロナウイルス感染症に関連する対応について


新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ

湘南工科大学 新型コロナウイルス感染症対策本部
kikikanri@center.shonan-it.ac.jp

2021.9.21 令和3年度後学期開始にあたって

2021年9月22日(水曜日)のガイダンスから始まる後学期においては、対面授業の受講はもちろん、大学施設・設備の利用を目的とする学生の入構も、特に制限しない方針です。ただし、コロナ感染あるいはその疑いがある学生は登校停止とし、入構を控えていただきます。
入構する際の注意事項については、以下のPDFデータを必ず確認してください。
また、今後の状況に応じて以下の対応を行うことがありますので、あらかじめ承知しておいてください。
  1. 国あるいは自治体からの明確な休業要請があったときは、指示された期間、学生の入構を全面的に禁止し、授業はすべてオンラインで実施する。
  2. 学内での感染拡大が疑われたときは、感染リスクが高いと考えられる学生を登校停止とするとともに、一部またはすべての授業をオンラインで実施する。

2021.08.30 モデルナ社製の新型コロナワクチンへの異物混入報道について

本学の職域接種で使用したモデルナ社製の新型コロナワクチンのロット番号は、幸い今回問題になっているものではありませんでした。
また、ワクチンをバイアルから注射器に移す作業の際には、異常がないかを必ず目視で確認する手順をマニュアル化することで徹底していました。

従って、少なくとも今回と同様の問題を心配する必要は、本学においてはないものと考えています。
もし、今後の原因調査にともなって何らかの問題が発覚した際は、直ちに接種を受けた全員にお知らせいたします。

2021.08.27 学生の新型コロナウイルス感染について

本学学生1名から、8月17日(火曜日)に発熱し、コロナウイルス感染であることが判明したとの報告がありました。
症状は落ち着いていて、最近の登校歴はないため学内の濃厚接触者はおりません。

感染者の個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.08.20 「コロナウイルスワクチン」クーポン券(接種券)未提出の学生へ

本学でのワクチン接種時に、クーポン券(接種券)を大学へ提出しなかった学生は、以下の該当する「接種券未提出の方へ」(PDF)を確認し、8月31日(火曜日)までに必ず学生課へ「持参」もしくは「郵送」で提出してください。

接種券未提出の方へ


2021.08.20 学生の新型コロナウイルス感染について

本学学生1名から、8月16日(月曜日)に発熱し、病院でコロナウイルス感染と診断されたとの連絡がありました。
夏季休業中のため最近の登校歴はなく、学内に濃厚接触者はおりません。

無事に回復されることをお祈りするとともに、個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.08.10 学生の新型コロナウイルス感染について

本学学生1名がPCR検査で陽性となったとの報告が、7月29日(木曜日)にありました。これに伴い、2名の学生が保健所から濃厚接触者に認定されましたが、いずれもPCR検査は陰性でした。また、学内での感染拡大も、現時点までに確認されていません。

関係者の個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.06.28 学生の新型コロナウイルス感染について

本学学生1名がPCR検査で陽性となったとの報告が、6月21日(月曜日)にありました。前週に登校した際に行動を共にしていた3名の学生が保健所から濃厚接触者とされ、自宅待機となっています。これにともなう感染の拡大は、現時点で確認されていません。

関係者の個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.06.14 新型コロナウイルス ワクチンの職域接種実施について

湘南工科大学は、学生と教職員(附属高等学校を含む)約2,750人の内、希望者を対象とするワクチンの職域接種を、6月21日(月曜日)の週から学内で実施します。

現在、接種会場や設備の準備および、接種希望調査と接種日時の調整を進めているところです。それらの詳細につきましては、下記特設ページ「新型コロナウイルス ワクチン接種について」でお知らせしていきます。
新型コロナウイルス ワクチン接種について

本学では、適切な学修の機会を担保する方針から、本年度前学期の授業はほぼ対面で実施してきました。幸い、これまで学内での感染連鎖は生じていませんが、引き続き予断を許さない状況であることは十分承知しています。少しでも安全、安心な環境の下で学生たちに学修を進めてもらうためには、この度のワクチン職域接種の機会を逃してはいけないと判断しました。

ご理解とご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

2021.05.21 学生の新型コロナウイルス感染について(2)

本学学生1名が抗体検査で陽性となったとの連絡が、5月20日(木曜日)にありました。この学生は17日(月曜日)に大学で対面授業を受けており、その際に昼食を共にした1名の学生が保健所から濃厚接触者と判定され、自宅待機となっています。

感染した学生の回復をお祈りするとともに、個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.05.21 学生の新型コロナウイルス感染について(1)

本学学生1名からPCR検査で陽性となったとの連絡が、5月19日(水曜日)の午後にありました。17日(月曜日)と18日(火曜日)の午前中に大学で対面授業を受けていたため、その際の状況等を含めて保健所に相談した結果、4名が濃厚接触者と判定され、自宅待機となっています。

感染した学生の回復をお祈りするとともに、個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.04.23 学生の新型コロナウイルス感染について

本学学生1名からPCR検査で陽性となったとの連絡が、4月18日(日曜日)の夜にありました。発症が17日(土曜日)朝で、15日(木曜日)と16日(金曜日)には大学で対面授業を受けていたため、至急で当該学生から行動履歴を聴き取り、リスクの高い接触の可能性が認められた学生に登校を控えるよう求めるとともに、保健所に対応を相談しました。その結果、8名が濃厚接触者と判定され、現在自宅待機となっています。

感染した学生の回復をお祈りするとともに、個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.04.17 学生の新型コロナウイルス感染について

本学学生1名から、12日(月曜日)に発熱し、かかりつけ医での受診を経てPCR検査を受けた結果、陽性となったとの連絡がありました。
直近の登校歴は8日(木曜日)で、学内に濃厚接触者はおりません。

無事に回復されることをお祈りするとともに、個人情報保護への配慮をお願い申し上げます。

2021.04.14 新型コロナウイルス感染拡大防止のためのガイドライン [学生・大学院生向け]

先週日曜日の入学式からガイダンス期間を経て、いよいよ明日から本格的に前学期の授業がスタートします。
新型コロナウイルス感染が拡大する状況の中ではありますが、本学としてはすでに定めた方針に沿って、対面を主とする授業を実施していきます。

これにあたり改めて、学生・大学院生の皆さんに向けての感染防止ガイドラインをまとめました。
内容を確認し、各自で行うべき対策をしっかり理解した上で、登校時だけでなく日常生活においても、できる限り感染リスクを下げる行動を心がけてください。

なお、今後の状況によっては授業を全面的にオンラインに切り替えたり、学内への入構を制限したりするなどの措置が必要となる可能性もあります。その場合は、このサイトで告知するとともに一斉送信メールで連絡しますので、注意しておくようお願いいたします。

2021.04.04 令和3年度前学期開始にあたって

すでにお知らせしているように、前学期の授業は原則として対面での実施となります。コロナ禍がまだ収まりを見せない中で、学生の皆さんが大学に登校し活動することには、当然ながら感染拡大のリスクを伴います。このリスクを軽減するためには、何より一人ひとりが感染防止の意識をもって行動することが重要です。

特に難しい対応を求めることはありません。ごく普通に、この状況下で行うべきこと、行ってはいけないことを各人がしっかり考えて理解し、それを実際の行動に反映させてください。皆さんには、湘南工科大学のメンバーの一人であること、また社会の一員であることを、常に意識してもらえることを期待しています。

登校に際して行うべき手続きと注意事項を、別紙にまとめました。
各自で確認の上、明日以降の実行をお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症対策本部 kikikanri@center.shonan-it.ac.jp
※本件に関するお問い合わせは、上記アドレスまでメールでお送りください。

2021.03.05 2021年度の授業実施方針について

在学生ならびに2021年度入学予定者およびご家族の皆さま

湘南工科大学では、4月8日から始まる2021年度前学期において、授業を原則として対面で実施する方針としましたので、お知らせいたします。

新型コロナウイルスの感染状況が改善せず、首都圏一都三県の緊急事態宣言が延長される中で、このような方針を取ることに疑問や不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。確かに、感染拡大リスクの軽減を主に考えれば、本年度と同様に対面での授業は一部に限定し、オンライン授業を中心とする方が望ましいことは明らかでしょう。同時双方向を基本として行ってきた本学のオンライン授業が、多くの点において従来の対面授業に劣らないものであったことも、授業評価アンケートの結果などに示されています。

それでもなお私たちが対面での授業実施にこだわる理由は、本学のミッションである「社会に貢献する技術者の育成」を達成するためには協働的な学びが何より重要であり、それをオンラインで十分に行うことは難しいと考えるからです。
この1年間を通じて、オンラインでの協働学修をレベルアップする努力を続けた上での、これが私たちの結論です。

対面授業の実施にあたっては、これまで以上に感染拡大防止に十分な注意を払い、特に3つの密を避けるための対策を徹底します。
一方で学生の皆さんにも、学内はもちろんのこと通学時や学外での活動時に、自身の感染リスクを軽減するための適切な行動をとっていただくことを期待します。
皆さんが大学生としての充実した学びと経験の機会を失わずに済むよう、互いに力を合わせてこの危機的状況を乗り切っていきましょう。

湘南工科大学
学長 渡辺重佳

ページの先頭へ戻る