グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 総務課 > 新型コロナウイルス ワクチン接種について

新型コロナウイルス ワクチン接種について


6月21日(月曜日)の週から開始予定の新型コロナウイルスワクチン職域接種に関する各種情報をお知らせするサイトです。
特に、接種を希望される皆さまには、一日一回は内容を確認していただきますよう、お願いいたします。


ワクチン接種Q&A

Q1.ワクチンの接種は無料ですか?
A1. はい。対象者(本学学生、教職員)の皆さんは、無料で受けることができます。

Q2. 接種期間はいつですか?期間を過ぎても受けることはできますか?
A2. 1回目は6月21日(月曜日)の週から7月10日(土曜日)の3週間を考えています。この期間内に受けられなかった場合は、自治体等での集団接種などを検討してください。2回目は1回目の4週間後に設定します。

Q3. 接種や副反応のために授業を休んだ時はどうなりますか?
A3. 接種については、できる限り時間割の空きコマに受けられるようにしたいと考えています。一方、副反応でやむを得ず欠席する場合には、それぞれの授業で十分な学修補填を行います。

Q4. 使用するワクチンはどこの会社の製品でしょうか?
A4. 職域接種で使用するワクチンは、モデルナ社製のものです。

Q5. 接種を行うのはどのような人たちでしょうか?
A5. 大学教職員の医師、看護師に加えて、学外の医師や看護師の応援を依頼しています。

Q6. 接種は大学の中で行うのでしょうか?
A6. はい。糸山英太郎記念教育研究総合センター1階コミュニティーホールが、会場になります。接種期間中は利用に制限がかかります。学生の皆さんには不自由をかけてしまいますが、ご理解ください。

Q7. 接種する日や時間は希望できますか?
A7. できるだけ希望に沿うようにしたいと思っていますが、接種する側の事情や人数調整の関係で、難しい場合もあることはご理解ください。

6月14日実施の説明会での質問から
Q.8 アナフィラキシーの報告は?ワクチンの効果は何年続くの?
A.8 この質問に限らず、ワクチン接種の影響等に関する情報については、このページに提示してある外部の関連サイトで確認してください。

Q.9 接種記録は発行してもらえますか?
A.9 職域接種を行った場合の公的な接種記録発行については、まだ正式な情報がないようです。わかり次第、お答えします。

Q.10 接種の日はどのようにして決められますか?また、いつ通達されますか?
A.10 このページに載せてある説明文書で確認してください。
Q.11 事情で2度目の接種ができないのですが、1回のみの接種はできますか?
A.11 残念ながら、それはできません。必ず2回受けることが前提です。

Q.12 過去(中学1年〜2年)にてんかんを発症し、現在も薬は飲んでいるのですが、やはりリスクが高いですか?
A.12 基礎疾患等があって医師による治療あるいは経過観察中の人は、事前にその医師に相談して接種の可否を確認してください。

Q.13 前後に体育などの運動はしない方が良いなどのことはあるでしょうか?
A.13 接種後の激しい運動は控えることとなっています。接種日の設定においては、スポーツの授業のある日は避けるようにします。

Q.14 ワクチンのクーポン(接種券)について教えてください。
A.14 今回の職域接種では、自治体から発送されるクーポン(接種券)が届いていなくても、接種を行うことができます。ただし、クーポン(接種券)は、接種記録を自治体が管理し、接種証明書を発行するために必要になりますので、届いた期間によって次のように扱ってください。
  • 1回目の接種までにクーポン(接種券)が届いた場合
    →1回目の接種の時に持参してください。
  • 2回目の接種までにクーポン(接種券)が届いた場合
    →2回目の接種の時に持参してください。
  • 2回目の接種以降にクーポン(接種券)が届いた場合
    →速やかに学生課に提出してください。

Q.15 留学生は、予診票の氏名欄には日本語、英語どちらで記名すればいいですか?
A.15 新型コロナワクチンの接種は、住民基本台帳に記録されている方が対象となりますので、住民票に記載されている氏名で記名してください。
参考:[厚生労働省]職域接種に関するQ&A(令和3年6月18日版)

Q.16 副反応による体調不良で授業を欠席する場合はどうすればよいですか?
A.16 「ワクチン接種を受ける人へ」のページに報告用のフォームを用意しました。こちらに回答があれば、授業欠席がワクチン特別対応の対象となります。各授業での対応の方法や内容については、それぞれの担当教員に各自で問い合わせてください。

Q.17 2回目の接種のスケジュールは、どうなりますか?
A.17 原則として、4週間後の同じ曜日、時間帯で接種を受けてもらいます。ただし、その日が7月22日(木曜日)23日(金曜日)の祝日に当たる人、および、やむを得ない事情でその日での接種が難しい人については、概ね1週間後までの別日程での接種とします。

Q.18 2回目の接種予定はどのように連絡されますか?
A.18 Web上の予約システムを利用する予定で、そこに登録された予定が自動送信メールで通知されます。何か問題があれば、対策本部にメールで連絡してください。

ページの先頭へ戻る