グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



総合デザイン学科


ホーム >  学科紹介 >  総合デザイン学科

高齢者も安心して乗れるユニバーサルデザインの電動アシスト付四輪自転車の開発です

総合デザイン学科

Multidisciplinary Design Science
プロダクトから空間までのデザインを総合的に学び未来の豊かな社会を創る力を養います
人や環境に優しい、デザイン性と機能性の両方を重視した、プロダクト(製品)や空間環境を創造できるクリエイターを育成します。デザイン感性・表現力と工学知識・技術を身につけながら、企画から設計、試作まで、先端機器を使って実践的に学びます。
キーワード
  • 製品企画開発
  • インタラクティブデザイン
  • 環境デザイン
  • マルチメディア表現
  • CAD設計

取得を目指す資格
  • CAD利用技術者
  • プロダクトデザイン検定
  • インテリアコーディネーター
  • カラーコーディネーター検定
  • 中学校教諭1種免許(技術)
  • 高等学校教諭1種免許(工業)
目指す進路
  • プロダクトや空間デザインの企画
  • 生活用品や乗り物などの設計
  • 家具からランドスケープまでの空間デザイン
  • ロボティクス・デザイン
  • プロジェクトマネージャー
  • マルチメディア・クリエイター


総合デザイン学科の特徴

プロダクトから空間までのデザインをハイブリッドに学ぶ

1、2年次は、プロダクトと空間に共通する、デザインと工学に関する知識・技術を基礎からしっかりと学びます。
デザイン理論の講義と造形実習でデザイン表現を身につけながら、製図や工業材料、メカトロニクスなどの工学的基盤も複合的に養います。

企画から設計、製作までをコラボレーションで学ぶ

1年次からグループで製作や実験を行い、3年次まで共同製作を中心にアクティブラーニング授業が展開されます。4年間を通して、CADや3Dプリンターなどの先端機器、さらにマルチメディア表現を使いながら、デザインプロセスを繰り返し、企画、設計、製作の総合力を実践的に身につけます。

社会の要求に応えるプロフェッショナルを育成

3年次からは希望する専門分野に分かれ、より専門的・複合的な研究や作品制作を行い、4年次では、さらに発展させた卒業研究・卒業制作へと進みます。企画から設計、製作の総合力を備え、多様化する社会の要求に応え、機能性とデザイン性の両方を備えた製品や空間環境を実現できるプロフェッショナルを育成します。

学びの分野

プロダクトデザイン

日用品や遊具から家電、自動車、ロボットに至るまで、さまざまなプロダクト(製品)を対象にしたマーケティングや発想法・デッサン・スケッチ・配色・造形などのデザイン手法を学び、アイデアを可視化する力を身につけます。そしてアイデアを実現するために、外観・機構の設計やソフトウェア開発手法を学びます。

空間デザイン

家具から室内空間、建築、庭園、ランドスケープに至るまでさまざまな規模の空間デザインを、ドローイング、スケッチ、モデル、写真など多様なメディアを用いながらアイデアを発展させます。時には実物大の作品も実際に作り、単に造形デザインではなく工学的要素も踏まえたデザイン手法を学びます。

カリキュラムの流れ

本学科のカリキュラムは、1年次から3年次までを貫く「総合デザインプロジェクト」を中心に構成されます。そこでは、同級生や上級生とコラボレーションしながら一つのデザインを実践的に作り上げていきます。
そうした社会での実践に近いスキルを身につけるために、プロダクト分野と空間分野のハイブリッドな知識・理論の授業、手作業表現とデジタル表現の授業、デザインに役立つ工学知識と技術の授業がレベルに応じて配置されています。そして、3年次からはよりプロフェッショナルを目指し、分野ごとに学修を深め、4年間の集大成である卒業研究・制作へとつなげていきます。

授業ピックアップ

デザイン表現基礎
「総合デザインプロジェクト」の授業と連動しながら、スケッチやドローイングの技法から模型表現の技術まで、アイデアを考え、それを表現していく上で欠かせないテクニックを学びます。さまざまな画材や材料を使い、手を動かして身につけていきます。

建築デザイン
建築のデザインを、その歴史から現在、未来の可能性までさまざまな作品分析を通して考え、学んでいきます。そこでは、建築のデザインに関わる都市や自然環境、芸術文化にも積極的に触れ、多角的・多層的な視点から建築のデザインを考えていきます。

学びのトピックス

総合デザインプロジェクトのコラボレーションで創造力と実践力を高めます

デザインは、さまざまなアイデアと技術のコラボレーションから生まれます。本学科では、1年次から3年次までを通して、チームで共同製作していく「総合デザインプロジェクト」をカリキュラムの中心としています。

この共同製作では、各自の得意とする力を発揮して、また互いに補い合うことで、さまざまな課題を乗り越えながら一つのプロジェクトを完成させていきます。発想から具現化、そして製作物のプレゼンテーションまでのデザイン・チームワークの中で、実践力を身につけます。

総合デザインプロジェクトのプロセス

課題例:デザイン・イン・ザ・パーク!公園で人が集まるための空間装置のデザイン


進路・就職状況

少人数教育による就職に必要な知識の習得で、高い就職率を誇っています。
就職先
(株)アイネス、サイバーコム(株)、ジェイ・アール・シー特機(株)、(株)湘南ユニテック、大同信号(株)、高松機械工業(株)、(学)鶴嶺学園、テクノクオーツ(株)、東亜レジン(株)、東京ガスエネワーク(株)、東北自動車(株)、なめがた農業協同組合、(株)日産サティオ湘南、日産自動車(株)、(株)日産テクノ、日本エアフィルター(株)、(株)日野ヒューテック、古林紙工(株)、ホシザキ湘南(株)、(株)LIXIL鈴木シャッター

公務員
堺市教育委員会、秦野市教育委員会

進学先
湘南工科大学大学院、横浜市立大学大学院
(過去5年間実績)


卒業生・在校生メッセージ