グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



電気電子工学科


ホーム >  学科紹介 >  電気電子工学科

光エレクトロニクスを もっと活用するために半導体光素子の特性を調べています

電子電気工学科

Electrical and Electronic Engineering
生活の基盤となるエネルギー・情報通信を支える電気と電子の技術を学びます
少人数教育、充実した実験実習、国家資格取得などにより、社会で活躍する電気電子技術者を育成します。電気・通信設備の施工管理、電気・電子機器の開発・設計、ソフトウェア開発など、幅広い分野で活躍できる力を育てます。
キーワード
  • クリーンエネルギー
  • スマートグリッド
  • ヒューマンインターフェース
  • 電気電子材料
  • 超高速通信

取得を目指す資格
  • 電気主任技術者
  • 電気工事士
  • 電気通信の工事担任者
  • 第1級陸上特殊無線技士
  • 中学校教諭1種免許(数学・技術)
  • 高等学校教諭1種免許(数学・工業)
目指す進路
  • 電気・通信設備の設計・施工管理
  • 電力・通信システムの保守・運用
  • ハードウェア、ソフトウェア開発
  • 電気・電子機器の開発・設計
  • 映像・音声コンテンツの制作
  • システムエンジニア


電気電子工学科の特徴

社会が求める電気電子技術者

現代では太陽光・風力発電などの新エネルギーの開発や電気電子機器の省電力・高性能化が求められています。
また、電力技術と通信技術を融合させ、効率的な発送電を行うスマートグリッドも重要なテーマです。社会が求める多彩な電気電子技術に従事する人材を育成します。

携帯電話の内部回路

現代社会に不可欠な電気システムとICTを修得

電気電子工学の歴史は長く、電話や電球に始まり、発電、通信、電子回路、コンピュータといった現代社会の基盤を支える重要な技術を創り出してきました。本学科では電気工学に関連する、電気工学、電子工学、情報工学、通信工学の4つの分野を幅広く学び、産業の発展を支える技術者を目指します。

学びの分野

電気系技術

地球温暖化対策では、エコロジーを考えて電気を作り・送り・使うことが重要です。発変電、送配電や電気機器工学などを学び、将来に活かす新しい技術についても考えます。

情報・通信系技術

情報通信では、声や映像などさまざまな情報を0と1のパルスで表し、電波や光に乗せて送ります。いかに遠くまで正確に素早く伝えるかを考え、このための装置やシステムについても学びます。

電子系技術

電気製品では電子回路とソフトウェアが重要な働きをします。半導体や回路デザイン、プログラミング、計測・制御を学び、ロボットやゲーム機の仕組みを理解します。

カリキュラムの流れ

社会で活躍する電気電子技術者として必要不可欠な、知識や技術を身につけるための講義や実験・実習をたくさん用意しています。
実験を通して講義で学んだことを実際に体験して理解を深めるとともに、得られた結果から現象を読み解く力を身につけていきます。

授業ピックアップ

電気基礎実験
電気電子工学を実験によって体験的に学習します。主に電気回路と電磁気学に関するテーマを扱い、オシロスコープなど各種測定器の使用法に習熟するとともに、レポート作成を通して技術的な文書作成の仕方も学びます。

電子工学実験
電子工学、通信工学およびコンピュータ工学について、電子回路、受動回路、デジタル回路、増幅回路、発信回路などを幅広く実際に実験を行う中で、原理・理論の実証、実験用機器の取り扱い方、量の大きさ、単位の概念を学びます。

学びのトピックス

雷害対策の研究~ 落雷の被害を防ぐために

電力は生活に欠かせない社会インフラの一つです。その電力を作るための発電所や作った電力を送出する送電設備、電力を使用するための変電設備などの電力設備に落雷すると、停電の原因になります。また、近年は高度情報化社会の進展に伴い、落雷の被害としてパソコンに雷が侵入し破壊される被害が増えてきています。

それらの被害を防ぐためにも、落雷の位置を想定するための研究が急務でした。ただ、今までの落雷位置標定システムは高価であり、落雷情報の入手は難しいものでしたが、ICT技術を活用し、超低コストな落雷位置標定装置の研究を本学では行っています。世界規模の落雷位置標定ネットワークに加わっており、日本だけでなく、アジア圏における防災に役立てるとともに、低コストで精度の高い情報を提供できるなど、研究や教育を通じて社会に寄与しています。 

電気電子工学科で取得可能な主な国家資格

資格ごとに決められた授業の単位を修得することで取得可能な資格や、筆記試験が免除になる資格などがあります。
第1級陸上特殊無線技士 携帯電話などの通信会社、メーカーなどの無線設備を生産・保守するエンジニアに必要です。
電気工事士 配線工事など電気工事ができます。第二種は住宅や店舗、第一種はビルや工場でも活躍。
電気主任技術者 発変電設備があるビルや工場などで、電気関係の工事・維持・保安などを監督します。
電気通信主任技術者 事業用電気通信設備の工事、維持および運用を監督します。
電気通信の工事担任者 光ファイバーなどの情報通信ネットワークの工事に必要です。

進路・就職状況

電気技術者の不足により、求人数は増加傾向にあります。建設業での電気・通信の工事業の仕事が多くあります。
就職先
アンリツカスタマーサポート(株)、NSKマイクロプレシジョン(株)、エム・エイチ・アイさがみハイテック(株)、(株)関電工、(一財)関東電気保安協会、菊水電子工業(株)、(株)協和エクシオ、JFEテクノス(株)、(株)資生堂、住友電設(株)、(株)東京エネシス、東芝電機サービス(株)、日本電産トーソク(株)、パナソニックESエンジニアリング(株)、日立オートモティブシステムズ(株)、北陸電気工事(株)、三井物産フォーサイト(株)、三菱電機冷熱プラント(株)

公務員
甲斐市役所、神奈川県教育委員会、茅ヶ崎市教育委員会、藤沢市教育委員会

進学先
湘南工科大学大学院、防衛大学校
(過去5年間実績)


卒業生・在校生メッセージ