グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



人間環境学科


ホーム >  学科紹介 >  人間環境学科

プラスチックや繊維を作って品質性能を調べる実験です

人間環境学科

Materials and Human Environmental Sciences
身体の仕組みを知り、環境を計測・分析して人間に優しい製品の研究開発を行う
人の生活の基盤である健康、環境、医療、エネルギーなどを支える先端技術を広く学び、総合的な工学技術を身につけます。異分野技術を融合できる柔軟な発想を持った技術者や、商品のアイデアを生み出す技術企画者(テクノプランナー)を育成します。
キーワード
  • スポーツ用具
  • 医療機器
  • 循環型社会
  • バイオテクノロジー
  • 福祉機器

取得を目指す資格
  • 危険物取扱者
  • X線作業主任者
  • 毒物劇物取扱者
  • 公害防止管理者
  • 中学校教諭1種免許(技術)
  • 高等学校教諭1種免許(工業)
目指す進路
  • 運動用具、医療機器などの製造業
  • 機器のメンテナンス
  • 品質管理技術者、衛生管理者
  • 製品・商品などの企画業務
  • サービスエンジニア
  • 環境や医療分野の公務員


人間環境学科の特徴

将来の仕事に直結する実験・実習

本学科では、学生が自ら手を動かしてデータを取得する実験・実習科目を大切にしています。サーフボードの製作、先端材料の機械的特性評価、CO2などエネルギー原単位の評価、発光ダイオードを用いた工作、血液浄化、生体成分の抽出分離、循環系の計測など、将来の仕事に直結した実験を行います。

広い工学分野の総合的学習

最先端技術は一つの専門分野で構成されることは少なく、さまざまな異分野技術を集積させたものが主流です。そのため、抵抗なく未知の異分野技術を取り込む能力が必要とされます。本学科では広く工学を学ぶことにより、社会のニーズに合った新しい製品を開発できる技術者を育成します。

科学コミュニケーションの能力を養う

将来、製品の企画や業務報告をする際には、専門外の人にも理解できるように伝える能力が必要になります。本学科では、実験レポートなどの技術ライティングやプレゼンテーションについて授業で丁寧に指導しています。科学的な事柄を客観的に示し、自分の考えを提示できる能力を養います。

学びの分野

環境科学

循環型社会の形成を目指して、CO2の発生要因の分析や削減施策の検討、新エネルギーのための発電・蓄電方法、そのための材料開発など環境とエネルギーに関する分析・測定手法から材料の特性評価まで幅広く学びます。

医療科学

人間の身体の仕組みや、病気の原因の診断・治療に役立つ医療機器・医薬品などについて学習します。
さらに、病院の安全性や作業効率を高める工学技術、細胞や遺伝子を用いるバイオテクノロジー、生体に適合する材料を用いた人工臓器などの技術も体験します。

スポーツ工学

パフォーマンスや身体能力の測定を行うことで、人間の特性を把握し、身体にあったスポーツ用具を設計します。材料工学の技術を応用し、動きに最も適した素材を用いて、人間の構造にふさわしいスポーツ用具を作成します。

カリキュラムの流れ

課題解決型実験(PBL)
課題を学生自らが実験によって解決していきます。1年次から3年次まで継ぎ目なく実験を行います。実験技術と科学的思考能力を育み、4年次で行う卒業研究が大学で行う実験科目の集大成になるように構成しています。
製品の研究開発
化学、物理、生物などの知識を基礎に、製品企画の手法を学びます。サーフボードなどのスポーツ用具や人工臓器などの医療機器、光・熱・振動等を利用して発電するエナジーハーベストを用いた環境機器などの製品開発に発展させます。
計測・分析
材料の物性分析、機器や生体の電気的計測、分析機器による化合物などの定量、生活環境のCO2 分析、タンパク質や遺伝子の分析など、人間の環境に関わる計測・分析技術を学びます。

授業ピックアップ

運動生理学

ヒトの身体の仕組みや構造を学び、身体はどうやって動くのか、どうやって効率よく動かせるのかなど、解剖学的・生理学的側面からアプローチします。また、運動を行うメリット、運動を行わないデメリットなど、生活と運動との関連についても深く追求していきます。

学びのトピックス

課題を実験で解決する「人間環境学実験」

私たちの生活における環境・エネルギー、健康維持、病気の診断治療などに関わる技術を習得して、テーマごとの課題を解決していきます。例えば、習得した実験技術を用いて「美しい七宝焼を作る」、「血液サンプル中の糖濃度を測定し、糖尿病の可能性を推定する」、「強度の高い繊維強化プラスチックを製造する」などのさまざまな課題を解決していきます。
これら実験は1年生から3年生まで行い、広い技術の習得や科学的な思考能力をつけていきます。さらに、丁寧なレポート指導を行い、報告書や企画書を書く力、すなわちサイエンス・ライティングの力をつけます。

広い技術の習得に対応した実験設備

本学科では、専門的知識と実践的技術を身につけられるよう、さまざまな実験に対応する設備を整えています。授業だけでなく、課題のレポート作成や調査研究などの自主的な活動にも利用できます。
湘南サーフボードリサーチセンター

サーフボードの設計・製作を行う本学ならではの施設があります。ボード製作はポリウレタンフォームを形に切り出し、FRP(繊維強化プラスチック)でコーティングした後、表面を仕上げます。作り、試すことで、製品開発に不可欠な素材や薬品の特性を学び、海洋環境を考えます。
機器分析装置

製品を形作る素材に含まれる物質、環境中に存在する有害物質などの種類、構造や濃度を分析します。
細胞工学実験室

がん細胞などヒトの細胞を培養し、薬の作用を調べます。

進路・就職状況

環境、医療、スポーツ産業に関わる知識と技能を身につけ、製造業からサービス業まで幅広い分野の技術者として活躍できます。
就職先
(株)アイレックス、泉工医科工業(株)、(株)クロスキャット、児玉化学工業(株)、JFEテクノス(株)、(株)スズキ自販湘南、(株)テクノメディカ、(株)トーエル、(株)日本ハウスホールディングス、日本郵便(株)、(株)ノジマ、野村マイクロ・サイエンス(株)、パナソニック エコソリューションズAWE(株)、羽田空港サービス(株)、藤田エンジニアリング(株)、前田道路(株)、(株)八重椿本舖、(株)LIXIL鈴木シャッター

公務員
防衛省陸上自衛隊、大和市教育委員会

進学先
京都工芸繊維大学大学院、湘南工科大学大学院、東北大学大学院

(過去5年間実績)


卒業生・在校生メッセージ