グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



情報工学科


ホーム >  学科紹介 >  情報工学科

VR ・ARの実体験に基づき専門性の高いプログラミング技術を習得しています

情報工学科

Information Science
すべてはプログラミングからはじまる。企画・開発ができる情報エンジニアへ
コンピュータ、ソフトウェア、インターネット、3DCG 、VR・AR 、ゲームなどに関連するさまざまなICT技術を学びます。専門性の高いプログラミング技術の習得を目指し、問題解決から企画・開発ができる情報エンジニアを育成します。
キーワード
  • プログラミング
  • ネットワーク技術
  • スマートフォン
  • ゲーム開発
  • 3DCG・VR・AR

取得を目指す資格
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ファイナンシャルプランナー・簿記
  • 中学校教諭1種免許(数学・技術)
  • 高等学校教諭1種免許(数学・情報・工業)
目指す進路
  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • ネットワークエンジニア
  • システムインテグレーター
  • セキュリティマネージャー
  • プロジェクトマネージャー


情報工学科の特徴

社会・産業界で活躍するICT技術者の育成

ソフトウェア・ハードウェア・ネットワークを中心に、パソコン・タブレット端末・スマートフォンを含むコンピュータやゲーム、インターネット、セキュリティ、人工知能などに関するさまざまなICT 技術を学びます。
3年次からはより専門性の高い領域を意識しながら、卒業後を見据えた高度な内容を学習します。

ゲームや3DCG・VR・AR のプログラミング技術の習得

3DCG・VR・ARの技術を学ぶとともに、計画・設計・制作という一連の作業を経験することで、より具体的な情報処理システムに触れながら知識と技術を身につけます。映画制作でも使われる3DCG ソフトで人物などのオブジェクトを制作します。さらにゲームプログラミングを学び、ゲーム制作も行います。

将来に役立つ資格の取得

情報系の仕事に役立つ実践的な授業が多く、ITパスポートや基本情報技術者などICT系資格の取得を目指します。教職免許で取得できる教科が多いのも特徴です。将来、SEとして働く際に、会計ソフトのシステム構築などで、持っていると有利なファイナンシャルプランナーや簿記などの資格取得のための授業もあります。

学びの分野

情報を扱うシステムを開発するための技術・知識

コンピュータを設計するために必要なハードウェアに関する知識・技術を習得し、システム開発に活用します。また、ネットワークに関する技術を学び、インターネットやスマートフォンなどのアプリケーションの開発にも応用します。

コンピュータを設計し実現するための技術・知識

対話型コンピュータシステムや人工知能などに利用される、情報処理技術を学びます。CGやゲームプログラミング、マルチメディア処理、データの処理・管理などの知識を習得し、ソフトウェアやアプリケーションの開発に活用します。

コンピュータで処理される情報の原理

ソフトウェア開発者に必要なデータ構造や設計法、アルゴリズム構築技法などを習得します。また、情報工学の基礎となる数学などの知識を身につけることで、プログラミングに活用することができます。

カリキュラムの流れ

プログラミング技術の習得に力を入れており、入門・基礎から応用までを1 年次からのプログラミング実習により実践的に学びます。
また、さまざまな情報処理関連の資格を取得するために対策講座も行っています。
プログラミングスキル
全ての情報技術の基本となる、プログラミングに関する知識・技術の習得を目的としています。1年次からの4年間で入門・基礎から応用までの実習を行い、さまざまなプログラミング言語を学びます。
資情報技術を応用するための技術・知識
学んだICTを活用できるよう、資格の取得を目指します。会計データ処理や金融情報処理などを学び、スキルアップしていきます。

授業ピックアップ

初級プログラミング実習
連続、条件分岐、繰り返しでコンピュータの動作を記述できることを演習により体験し、基礎的な文法についても学習します。例題としてロボットの制御プログラムや簡単な電卓作成などの演習課題に取り組み、確実にプログラミングを理解します。

学びのトピックス

アクティブラーニング・コモンズセンター

1年次の実習から4年次の卒業研究までを仕切りのないオープンな学習空間となるよう、教室とその周囲を一体的に利用し、さまざまな学習スタイルに対応できる環境を構築しました。学年の枠を超えた自律的な学習を支援し、創造性を育む空間として活用します。

アクティブラーニングコンピュータルーム

チームで話し合いながらプロジェクトを進めたり発表しやすいよう、4台のプロジェクターと壁面ホワイトボードを設置しています。教員と学生のPCの画面を映し出せる、インタラクティブな実習環境です。

グループディスカッションルーム

チーム単位でディスカッションスペースとして利用できるほか、学生が一人でレポート作成や研究で集中して作業ができる静かな環境です。

コラボレーションエリア

オープンカフェのようなミーティングスペースは、グループや学年の垣根を超えたディスカッションルームとして利用できます。

卒業研究コラボレーションルーム

卒業研究のスペースは各研究室の壁がないので、研究室同士の相互交流が生まれ、プロジェクトをリードする大学院生や4年生が積極的に学んでいます。

プログラミングコンテストに挑戦

授業時間以外にも積極的に学びたい学生たちのために、さまざまなプログラミングコンテストに挑戦するためのプロジェクトを立ち上げました。プロジェクトごとに教室を用意して、学生が自由に使えるようにしています。
大学1年生から大学院生までが集まって、パソコンを使用したい時に自由に使えるので、自ら考え、教え合い、学年の枠を超え、学生が主体的に考えることのできる環境を整えています。

進路・就職状況

情報通信業を中心に、ICT技術を活用できる就職先があります。
就職先
アイエックス・ナレッジ(株)、アンドール(株)、市光工業(株)、(株)FFRI、コムチュア(株)、(株)システナ、図研エルミック(株)、ソーバル(株)、大同信号(株)、日本システムウエア(株)、日本プロセス(株)、パイプドHD(株)、富士ソフト(株)、富士通(株)、(株)ブロードバンドタワー、三菱電機インフォメーションネットワーク(株)、(株)Minoriソリューションズ

公務員
神奈川県教育委員会、神奈川県警察本部、川崎市教育委員会、藤沢市教育委員会

進学先
静岡大学大学院、湘南工科大学大学院、北陸先端科学技術大学院大学
( 過去5年間実績)


卒業生・在校生メッセージ