グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



機械工学科


ホーム >  学科紹介 >  機械工学科

機械工学科

Mechanical Engineering
機械の開発・設計、生産・組立、管理まで多彩な視点でモノ創りの技術を学びます
“機械をつくるための基盤技術” を体系的に学修し、幅広い工学的センスを身につけます。1~3 年次の多彩な体験型科目とそれに連携する講義科目を通じて、身近な家電製品から精密機器、自動車、ロボットや航空・宇宙に至る技術を学べます。
キーワード
  • 自動車
  • ロボット
  • 航空・宇宙
  • 精密加工
  • 再生可能エネルギー

3次元CADと3Dプリンター

エンジンの分解

トンネル内壁面検査ロボット

災害救助用ヘビ型ロボット

取得を目指す資格
  • CAD利用技術者
  • 技術士補
  • 機械設計技術者
  • 公害防止管理者
  • 中学校教諭1 種免許(数学・技術)
  • 高等学校教諭1 種免許(数学・工業)
目指す進路
  • 自動車等輸送機器の開発・設計
  • 自然エネルギー発電用機械の設計
  • メカトロ・ロボットの開発・設計
  • 機械製品の生産管理・検査・保守
  • 加工・製造・検査機械の開発、設計


機械工学科の特徴

将来につながる学びで機械工学技術者を育成

機械工学関連の職種は多様で、家電、精密機器、自動車、プラント、ロボット、航空・宇宙など幅広い分野で、開発・設計、生産、保守などとして活躍できます。本学科では、機械工学の知識を学ぶとともに、具体的なテーマに取り組む実習「機械工学プロジェクト」などで、技術と問題解決の能力を身につけます。

確実に知識を身につける習熟度別のカリキュラム

学生の習熟度に応じたカリキュラム制度により、機械工学技術者になるためのさまざまな知識を確実に習得できます。1年次には力学の基礎を築き、2年次以降は学んだ知識と連動する実験・実習科目で深い理解へつなげることにより、新しい機械の設計・開発や、製造などを自分の力でできるようになります。

体験型の実験・実習で工学的センスを磨く

専門科目の約4割が体験型科目。加工技術を学ぶ工作実習、アイデアを形にする機械製図やCAD、科学的・工学的な考え方を身につける基礎実験や機械実験などで工学的センスを磨くことができます。実際の体験を通して創造力を養い、自ら考え・解決する力やコミュニケーション能力、自己管理能力を育成します。

学びの分野

加工・生産・材料

機械を作るための「加工・生産」、「材料」を学びのキーワードとし、加工、品質管理の基礎および材料特性、評価診断技術を学びます。材料と加工法を習熟した技術者を育成します。

機械の仕組みや動かし方

機械を動かすための「機構」、「力学」を学びのキーワードとし、機械の仕組みに関する基礎を学修します。機械力学や動力学に基づいた機械要素の設計(クランク、回転、複雑な運動など)ができる技術者を育成します。

機械制御・ロボット

機械を操るための「機械制御」、「ロボット」を学びのキーワードとし、知能機械(ロボット、システム制御技術など)の要素とシステム設計を学びます。機械とコンピュータを結び付ける技術者を育成します。

環境に適応したエネルギー利用

機械を利用するための「エネルギー」、「環境」を学びのキーワードとし、動力を生み出し伝えるエネルギー機器(エンジン、ポンプ、タービンなど)の要素とシステム設計を学びます。環境に配慮した設計ができる技術者を育成します。

カリキュラムの流れ

習熟度に応じて学び方を選べます。また、1年次から実践的に行うプロジェクト型の科目により、柔軟な発想力・創造力を養い、機械工学分野の基礎技術への興味や理解を深めることができます。
機械工学リテラシ
1年次の最初の時期に、高校で学び足りなかった「数学・物理」を実践的に学ぶことで、不安を解消するとともに理解を深めます。さらに、主体的に学ぶ方法、計画・実行する力を身につけます。
機械工学プロジェクト
3次元CAD と3Dプリンターで、自分で設計したものを製作するほか、「CAD 利用技術者」や「機械設計技術者」の試験対策で、社会に直結する知識と技術を磨きます。


学びのトピックス

実践的な機械工学の知識と技術を講義と実習で体系的に学びます

講義や実践的に学ぶプロジェクト型授業と並行して、工作実習やCADをはじめとする実習が1年次からあり、学んだ知識がどのように活かされるのかを体験を通して身につけることができます。

また、機械工学がロボットや自動車など、現代の技術とどのように結びついているのかを知り、興味を持って学びを進めることができます。学んだことを活用し、技術的なチャレンジができるコンテストもあり、学ぶ意欲を育てます。

講義では、機械工学の根幹となる幅広い知識を体系的に学びます。高校で学び足りなかった数学や物理も、大学での学びに合わせて学ぶことができます。

グループワークでは、互いの知識や発想を出し合い、プレゼンテーションまでを行うことで、協力し合う姿勢や問題解決能力を身につけます。

1年次の「工作実習」の授業では、機械工作の代表的な加工実習を通して、モノづくりの基礎を体得します。これにより加工等の諸現象の問題解決能力を養います。

1年次の「3次元CAD」、「基礎製図」から3年次の「CAD応用」まで、毎年、製図やCADの実習があります。繰り返し機械製図の規則を学び、図面を正しく読み描きする力を養い、機械構成部品の3次元モデリング技術を身につけます。

大学での学びの集大成として4年次の1年間、自分の興味のある分野の研究室を選び、卒業研究に取り組みます。

進路・就職状況

神奈川の地元を中心に、幅広い業種の製造業から求人があります。
就職先
(株)宇徳、KYB(株)、相模鉄道(株)、(株)湘南マツダ、高砂熱学工業(株)、タマホーム(株)、中央矢崎サービス(株)、トヨタメトロジック(株)、日産部品中央販売(株)、日本ギア工業(株)、日比谷総合設備(株)、フジテック(株)、富士古河E&C(株)、前田道路(株)、ミネベアミツミ(株)、ライト工業(株)、リコージャパン(株)

公務員
神奈川県教育委員会、神奈川県警察本部、東京都教育委員会、東京都交通局、横浜市教育委員会

進学先
湘南工科大学大学院、横浜国立大学大学院
(過去5年間実績)


卒業生・在校生メッセージ