グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



総合デザイン学科の学生がピジョン学生アイデアコンテストに参加しました


ホーム >  学生活動 >  総合デザイン学科の学生がピジョン学生アイデアコンテストに参加しました

2019年3月20日、東京・千代田区の神田明神ホールにおいて開催された「ピジョン学生アイデアコンテスト2019『ベビーカソン』」に、本学総合デザイン学科3年の芦川公平さん、冨田直樹さん、伏見千里さんが参加しました。主催はピジョン株式会社

同コンテストは、大学生を対象にしたアイデアコンテスト。「赤ちゃんやママとそのご家族の毎日をもっと快適に楽しくするIoTを活用した未来のベビーカー」をテーマにアイデアを競うもので、本学のほか、お茶の水女子大学、千葉工業大学、東京工業大学、日本大学の学生たちがさまざまなアイデアを発表しました。

本学は、独自で行った行動分析から、親と赤ちゃんの課題を抽出し、赤ちゃんの興味を視覚・聴覚・嗅覚のセンサーで読み取り、親に共有することで赤ちゃんと親の新しいつながりを生み出すシステムを考案。「B-i(ベビーインタレスト)」と名付けて、3DCGでベビーカーのイメージも制作しました。

学生が発表したアイデアは、タレントの藤本美貴さん、小泉耕二さん(IoTNEWS代表)、大口将利さん(ピジョン株式会社・開発本部ベビー大型標品開発部)によって審査され、それぞれの視点から評価をいただきました。

参加した学生からは次のような感想が寄せられました。

「短い時間の中でしたが、ピジョンを通して貴重な経験ができました。発表者という責任ある立場で、自分たちの考えや思いをしっかり提案することができてよかったです」(伏見千里さん)
「IoTという普段授業では関わることのない分野だったので、本当にゼロからのスタートでした。それでもやり遂げられたのは、メンバーの団結によるところが大きかったと思います」(冨田直樹さん)
「入賞を逃し悔しい思いをしましたが、コンテストをやり遂げたこと、自信を持った提案をできたことに充足感を得ました」 (芦川公平さん)

学生たちが「未来のベビーカー」をテーマにアイデアを生み出していく様子が、ピジョン株式会社オフィシャルYouTubeチャンネルで公開されています。