グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



湘南工科大学4つの特徴


ホーム >  湘南工科大学を知る >  湘南工科大学4つの特徴

1.アクティブラーニング(アクティブラーニングの授業の割合 96.4%)

共通基盤ワークショップから卒業研究に至る学びの形

湘南工科大学では、すべての授業の96.4%でアクティブラーニングを取り入れています。1・2年次生全員必修の「共通基盤ワークショップ」を中心に全学的にアクティブラーニングを推進しており、グループワークやプレゼンテーションなどの協働・発表型授業を積み重ねていくことにより、専門的知識・技術の定着と活用力を育み、自ら学び成長する4年間を仲間とともに過ごします。
※専任・非常勤含む全教員の授業

2.アットホーム教育(CC制度利用者の満足度 90%)

個性を見守り、学修意欲を後押しする教育環境

少人数の担任制度(コミュニケーションサークル=CC)があり、履修から進路、生活上の事柄まで気軽に教員に聞いたり、CC内で友達をつくったりすることができます。CC制度について、2年次生へのアンケートでは、57%が役に立った、90%が必要性を感じていると回答。学生一人ひとりを見守り、安心して大学生活を始めやすい環境が整っています。

3.学びを支える環境(大学内のPC数 約2,300台)

充実したICT環境と多様な専門分野の研究施設

工科系私立大学の中でも有数のICT環境をはじめ、実験・実習が行われる研究施設などが整っています。自由に使えるPC自習室やラウンジ、コンビニやレストランもあり、充実した学生生活を送れる明るい雰囲気のキャンパスです。

4.就職支援体制

将来のためのきめ細かい就職サポート体制

キャリア教育を重視し、1年次から4年間を通してキャリア教育関連の授業科目を設けています。自立に必要な力をつけるとともに、面接・就職試
験対策といった、より具体的できめ細かい就職支援を行っています。