グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



情報工学科



情報工学科

数学とプログラミングの楽しさがマッチング。人工知能を使った画像解析を研究しています

越森 恵莉菜さん 4年




実習の授業が豊富。
プログラミングを体感しながら学べます

 
 高校生の頃から数学が好きで、大学は理系学部を探していました。情報工学科を選択したのは、数学とともに、将来、就職にも有利な情報系も一緒に学びたいと考えたからです。学校の先生や両親と相談し、通学にも便利な湘南工科大学に決めました。
 情報工学科では情報工学の基礎からハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、Web関連など、幅広い情報処理関連の技術が学べます。1年次では、高校で学んだことの復習からスタートするので、情報処理の基礎の部分を理解した上で次に進むことができます。プログラミングはやってみたいけれど、数学に自信がないという人でも問題なく学べると思いますね。
 また、豊富な実習があるのも魅力のひとつです。例えば、自分で一からゲームを設計して作り上げる、数学の問題をプログラミングで解く、データ圧縮のシステムを作るなどいろいろな実習があり、実際に体験しながら学んでいけます。私は幼い頃から工作などが大好きだったのですが、得意な数学の知識が活かせる情報工学の世界は、まさに自分にぴったりだと感じました。プログラミングを一から考えることはとても大変ですが、数学的な思考を駆使し、創意工夫しながら作り上げることはとても楽しく、やりがいを感じています。

現在の研究テーマは人工知能。
将来、アプリ化できるツールを作りたい


 4年次には自分で研究テーマを選択できるので、私は人工知能をテーマにした研究室に所属しています。研究テーマ選択の際にドローンを使った説明を聞き、話題の技術をいち早く取り入れているところに刺激を受けました。
 いまはスマートフォンで撮影した画像データを人工知能を利用して解析し、自動でタグ付ける技術を研究しています。スマートフォンに保存してある大量の写真データから、探したい写真を見つけるのに苦労したことは誰でもありますよね。そこで、探したい写真が簡単に検索できたらと考えたのが研究の始まりです。今はまだ始めたばかりで悪戦苦闘の日々ですが、先生方の指導のもと、試行錯誤しながら取り組んでいます。いつか多くの人が使ってくれるような使いやすいアプリにするために、研究していきたいと思います。
 研究室で学んでいて感じるのは、日常の暮らしの中で “あったらいいな”と思うさまざまなことを、人工知能とプログラミングの技術で実現できるかもしれないということです。そんな大きな夢と将来性のある学びがとても楽しいですね。

インターンシップでの経験と柔軟な学びで
将来の目標が定まりました


 インターンシップでは、IPアドレスデーターベースの調査やWebマーケティングに必要な技術を販売・事業化している会社に行かせてもらいました。最初に実感したことは、実際に仕事をするために必要な知識量は大学で学ぶことよりもはるかに多いということです。知識量や技術に加え、応用力も必要ですし、コミュニケーション能力も大切です。頭では分かっていたつもりですが、あらためて力不足を痛感しました。
 インターンシップ後は、授業を受ける姿勢も変化したと思います。知識を蓄えるだけでなく、知識を役立てるために学ぶ。常に社会でどう活かせるかを意識するようになったと思いますね。プログラミングは一人で取り組むというスタイルが多いので、誰かが使うものであると常に意識していなければなりません。すでに社会で活用されているサービスに直に触れることができたインターンシップ体験は、とても新鮮で勉強になりました。
 将来の目標は、企業のシステムエンジニアです。教員免許も取得しました。子ども達にITの面白さを伝えられる教員の仕事にも興味があります。
 湘南工科大学の良さは、学生のやりたいという気持ちに惜しまず手を貸してくれるところです。ちょっとハードルが高いと思うようなことも、やる気があれば先生方がしっかりサポートしてくれます。この4年間のチャレンジ精神を活かしつつ、私もいずれ後輩や子ども達をサポートできるエンジニアになりたいと思います。

My Favorite!

授業の合間に集まる
女子専用ラウンジがお気に入り


 授業の合間には、女子専用の休憩室「すみれラウンジ」に集まっておしゃべりやランチを楽しんでいます。湘南工科大学は工学系なのでキャンパス全体では男の子が多いのですが、女子専用の場所はとても華やかで雰囲気が違いますね。女子専用というだけあって、着替えができるスペースやパウダールームも充実しています。インターネット環境も整っているので、試験前にはここで勉強することもあります。ときどき教職員も含めた女子懇親会なども開かれたり、学科や学年の垣根を越えた交流の場になっています。